リビングの収納は何を入れるべき?片付けの達人が提案する5つの方法

整理整頓

リビングに収納はあるのに、なぜ部屋が散らかってしまう。

そんなお悩みを解消するべく、今回はリビング収納には何を入れるべきか、どんな風に片付けるべきかをご紹介していきます。

リビングは家の中でも一番ものが多い場所で、散らかりやすい場所でもありますが、実は収納家具を上手に使いこなせていないかもしれません。

実際の事例とともに片付け上手さんたちが実践するリビング収納の方法を見ていきましょう。

リビングの収納は何を入れる?上手に片付けをするための5つの方法

ただ収納家具を増やすだけでは、スペースの無駄使いになってしまうことも。

リビングの収納には何を入れるのかをしっかり考えて、収納するものに合った家具を選ぶ必要があります。

今回は、リビングの片付け上手になるための方法を5つご提案します。

(1)壁面収納を使う

リビングで大活躍するのが壁面収納です。

壁と一体になった収納は、部屋の圧迫感をなくしつつ、収納スペースを確保します。

壁面収納は壁一面を収納スペースとして使うのも良いですが、壁が見えるものにすると圧迫感もなく開放的なリビングになります。

テレビ周りの小物はもちろん、お酒や小物を飾る飾り棚として使ってみるのも良いですね。

引き出しをたくさんつければ、雑誌や本などの重いものも収納できますよ。

詳細はこちら

(2)食器をリビングのインテリアに

ダイニング収納にしまう食器やグラスも、リビングのインテリアの1つとして活かすことができます。

ガラス扉のディスプレイ部分に並べるだけで、高級感のあるリビングになります。

毎日使う食器ではなく、お客様用の特別なものをリビング収納に置いてあげることで、利便性が下がることもありません。

置くだけでインテリアと収納の両方を叶えることができる方法です。

詳細はこちら

(3)機能を組み合わせて実用的に

猫ちゃんのいるご家庭では、キャットウォークは意外に場所をとってしまうものですよね。

でも猫ちゃんが楽しく遊べるなら…とスペース問題に頭を悩ませている方は、キャットウォークと一体型のリビング収納もアイデアの1つです。

リビングの収納は片付けるだけでなく、リビングに必要な機能を組み合わせて実用性をアップさせてみましょう。

定番のテレビボードやコレクションケース、マガジンラックなど、1箇所に集めることで部屋が散らかりにくく、片付けも簡単になりますよ。

詳細はこちら

(4)見せる収納を上手に使う

あえて扉や引き出しをつけずに見せる収納としてシンプルな飾り棚を活用するのも1つの方法です。

これなら何を入れるか迷う必要もなく、置くだけで片付けが完了します。

どこに入れれば良いのか悩んでいたものは、インテリアとして飾ることでリビングをおしゃれに演出してくれます。

棚の幅や高さを均等にしないことで置くものの幅も広がるので、ものが多いリビングにはぴったりの方法です。

詳細はこちら

(5)家電の収納スペースを作る

お掃除に使う家電はどこに収納していますか?

大きいものは物置にまとめて収納していませんか?

家電は使いたいときにすぐ取り出すことができるリビング収納に入れておくと便利です。

こちらのリビング収納は、ダイソンやルンバといった置き場所に少し困る家電も収納することができます。

家電は出しっぱなしになってしまうことも多いですが、家電専用の収納スペースを作ることで部屋の散らかりも解消することができますよ。

細かいものはもちろんですが、大型の家電を入れておくスペースもリビングに確保してあげましょう。

詳細はこちら

何を入れるか決めてから収納を変えるのが鍵!

リビング収納は家の使い勝手を左右します。

何を入れるか迷うのではなく、リビングで何をしたいか、何が必要かを考えて、それに合わせた収納家具を取り入れるのがベターです。

また、趣味のアイテムや大型のアイテムを収納したいけどぴったりの家具が見つからない場合には、オーダー家具をアイデアに加えてみてはいかがでしょうか?

理想の暮らしを使い勝手を最優先で収納を考えてみましょう。

この記事のタグ

この記事が気に入ったらSNSでシェアしよう!

関連記事

SHOWROOM

「新しいアイデア」が生まれる
フルオーダー家具のショールームへ

お客様の収納についての悩みやご相談をコーディネーターにお伝えください。