狭い寝室もおしゃれに見せる!思わず真似したくなるインテリア5選

整理整頓

お家の中でも特にプライベートな空間である寝室は、自分だけの特別な場所にしたいですよね。

おしゃれで落ち着いた空間にしたくてインテリアを考えてみたけど、狭いお部屋ではベッドを置いたらいっぱいになってしまう。

今回は、そんなお悩みを解消できる狭い寝室におすすめのインテリアコーディネートをご紹介します。

一日の疲れを癒やす寝室を、一番のお気に入りの空間にしちゃいましょう!

寝室におすすめのインテリア5選!狭い部屋を広く使う収納アイデアとは?

置きたいインテリアをピックアップしてみると、あれもこれもとイメージが膨らむばかりですが、狭い寝室では置けるものが限られてきます。

そんなときは、選ぶインテリアを少し工夫することで理想の寝室に近づけますよ。

狭い寝室はどれだけお部屋を広く見せるか、どれだけスペースを上手に使うかが腕の見せ所です!

1.ベッドの下を有効活用

寝室のデッドスペースになっているのがベッドの下です。

見落としがちですが、狭い寝室では貴重な収納スペースなので有効活用してみましょう!

ベッド下にボックスやカゴを置いたり、収納付きのベッドを検討してみるのも理想の寝室を作る第一歩です。

ベッドの下であれば、寝室のインテリアコーディネートを損なわずに収納スペースを確保できますよ。

2.インテリアは低めのものを選ぶ

たくさん収納スペースが欲しいからと、大型のインテリアを購入していませんか?

実は狭いお部屋ではこの方法は避けるのがベスト!

大きい家具は寝室に圧迫感を与えてしまい、狭い空間がより狭く見えてしまう可能性があります。

寝室のインテリアを選ぶときは、できるだけ高さのないものを選びましょう。

目安は、立ち上がった時におへその高さより低いものです。

3.サイドテーブルで小物を集約

 

寝室に一つ置いておきたいのが、ベッドの横に置くことができるサイドテーブルです。

アクセサリーや時計、ボディクリームやリップなど、細かいものはサイドテーブルに収納して、ベッドから手が伸ばせる範囲に置いておくのがおすすめです。

使うものを一箇所に集約することで、狭い寝室にたくさん家具を増やす必要もなくなります。

サイドテーブルはデザインも様々で、おしゃれなインテリアとして活用できるものもあるので、ぜひお気に入りのものを選んでみてください。

また、ベッドボードがついているベッドを使っている場合は、そのスペースに小物を集めておくと便利ですよ。

4.使い方がたくさんあるインテリアを選ぶ

狭い寝室では収納家具を増やすのではなく、1つで2つ以上の使い方ができるインテリアを選ぶのもおすすめです。

例えば、鏡付きのドレッサーをメイクをする場所としてと、コスメや美容家電の収納場所としての2つの使い方をする。

折りたたむとソファとして使うことができるベッドにするなど。

寝室でどんなことをするのか、想像しながらライフスタイルに合わせて選んでみてください。

狭い寝室も家具が増えすぎず、広く見せることができますよ。

5.壁を有効活用する

意外に見落としがちなのが、壁を使うことです。

壁に飾り棚を取り付けたり、ラックを取り付けることで、収納スペースを増やすことができます。

見せる収納を活用すれば、使いたいものはすぐに手に取ることができる且つおしゃれなインテリアコーディネートが完成します。

ただし、壁を埋めすぎてしまうと逆に圧迫感がでてしまいます。

壁に収納を取り付けるときには、余白をしっかり作って、壁紙が見える部分を多めにとっておくことを覚えておきましょう。

狭い寝室もインテリア次第でおしゃれに!

寝室は自分だけの空間なので、基本的には人に見せる機会は無いことがほとんどですが、人を呼んでも大丈夫な部屋を目指してインテリアコーディネートをしておくのが、お気に入りの空間にするコツです。

また、寝室のインテリアは落ち着いた色味のものを選ぶのがおすすめです。

アイボリーやブラウン、グレーなどの優しい色でインテリアを合わせることで、統一感のあるおしゃれで快適な寝室になりますよ。

寝室が狭くて悩んでいる人は、ぜひ今回のアイデアを参考にしてみてください。

この記事のタグ

この記事が気に入ったらSNSでシェアしよう!

関連記事

SHOWROOM

「新しいアイデア」が生まれる
フルオーダー家具のショールームへ

お客様の収納についての悩みやご相談をコーディネーターにお伝えください。