書斎の収納アイデア3選。満足度の高い自分だけの空間の作り方

インテリア

書斎はまさに自分だけの特別な場所です。

仕事終わりの時間を過ごしたり、休日に趣味の時間を過ごしたりと、生活の質を高める空間ですよね。

書斎を作るときに忘れてはいけないのが”収納”です。

スッキリと片付いた書斎を作るためにも、自分の納得のいく収納を取り入れましょう。

今回は、極上の空間を作る書斎の収納アイデアをご紹介します。

書斎はどんな場所にする?理想を叶える収納アイデア

広辞苑によると書斎は「読書や書き物をするための部屋」とされていますが、これは昔の文人や知識人が使った成り立ちが関係しています。

今では自分自身のための趣味の部屋ワークスペースとして書斎を設置している人が多いようです。

それぞれの書斎ではどのような収納アイデアが使えるのでしょうか?

趣味を楽しむ部屋としての書斎

こだわりのコレクションを飾ったり、音楽や映画を楽しむ場所としての書斎は、毎日の生活を豊かにしてくれます。

書斎に居るだけで癒やされるような空間を作ってみましょう。

収納は見栄えにこだわる

趣味の収納はとにかく見え方を意識することが大切です。

見せる収納を使った飾り棚や、ディスプレイできる収納を取り入れてみましょう。

ほこりなどから守るためにガラスのコレクションケースなどもアイデアに加えてみてください。

ここで重要なのが”目線の高さ”です。

椅子に座ったときの目線と、床に正座したときの目線では見える高さが異なるため、自分が書斎でどのように過ごすのかに合わせて収納を設置すると、常にコレクションを眺められる空間に仕上がります。

ワークスペースとしての書斎

家に持ち帰った仕事をしたり、副業をしたり、ビジネスに関わる本を読んだり、集中して過ごしたいときに籠もる場所としての書斎は、普段の生活と仕事を切り離したい人におすすめです。

不便を感じさせない利便性の高い書斎を作ってみましょう。

実用性の高い収納を

仕事をする場所としての書斎に欠かせないのがデスクです。

作業台としてはもちろんですが、デスク周りの収納はこだわりを詰め込める場所でもあります。

自分の手の届く範囲に棚や引き出しを設置したり、PCやプリンターは必要なときだけ取り出せるスライド式の収納を採用したりと、実用性にこだわった収納をしてみましょう。

事例で見る!収納アイデアが詰まった書斎3選

実際の事例をもとに、こだわりの収納を使った書斎を見ていきましょう。

今回ご紹介する書斎はすべてオーダー家具で作られていて、自分だけの極上の空間を実現されています。

ホームシアター+デスクの書斎収納

こちらはL字型の壁面収納を設置した書斎です。

映画やドラマを見ることができるテレビの周りには、飾り棚やコレクションケースが設置されています。

大量の書類や本が入った棚はガラス扉にすることで圧迫感を軽減し広々とした書斎を実現しました。

どこに何を入れたかすぐにわかる利便性の高さも特徴です。

デスクスペースにもこだわりの収納アイデアが。

小さな書棚は実は天板に食い込んでしまう柱を利用して作られたものです。

文具や文庫本を置く場所としてサイズ感もぴったりで、小さな工夫が大きな満足感につながりました。

詳しく見る

趣味を満喫するプライベートな書斎

映画やゲーム、趣味を楽しむ空間として作られたこちらの書斎は、椅子に座ってテレビやこだわりのコレクションを眺められる壁面収納を設置しています。

趣味を楽しむ書斎は実用性だけでなく雰囲気も大切です。

納得の空間を作るためにこちらの書斎では間接照明を採用しました。

部屋の明かりは消して、間接照明だけにすれば、こんなにも高級感のある上質な雰囲気に。

書斎がまさに自分だけのプライベートな映画館に早変わりします。

詳しく見る

ダイニングと一体化した小さな書斎

書斎と聞くと独立した一部屋をイメージする方も多いですが、ワークスペースとして小さな書斎をお部屋に併設している事例もあります。

こちらはダイニングの一角に作られたデスクで、食事をする場所とは別に、子どもが勉強をしたりご夫婦がパソコンをしたりするスペースとして活用できます。

収納アイデアがたくさん詰め込まれたこちらの小さな書斎は実用性も抜群です。

教材や文房具、充電器やライトなど必要なものはすべて手の届く範囲に収納ができて、便利に使うことができます。

プリンターは必要なときだけ取り出せるスライドの収納を採用しています。

来客時には扉を閉めて隠すことができる収納なので、生活感が出ることもありません。

家族みんなで使う小さな書斎もアイデアに加えてみてはいかがでしょうか?

詳しく見る

収納アイデアはあなた次第!満足度の高い空間を作りましょう

今回は書斎を作る収納のコツと、書斎の収納事例をご紹介しました。

書斎をどんな場所にするかは、使う人次第です。

どうやって過ごす空間にしたいのか、その理想を叶える書斎を作ってみましょう。

この記事のタグ

この記事が気に入ったらSNSでシェアしよう!

関連記事

SHOWROOM

「新しいアイデア」が生まれる
フルオーダー家具のショールームへ

お客様の収納についての悩みやご相談をコーディネーターにお伝えください。