狭い家の収納はどうすべき?マンションでも使える片付け術

整理整頓

便利の良い都会へのお引越しや、一軒家からマンションへのお引越しなどで、今まで住んでいたところよりも狭い家に住むことになったときに頭を悩ませるのが収納ですよね。

片付けようにも場所がなければ始まらず、収納場所の確保から始めている人も多いのではないでしょうか?

今回は狭い家もスッキリ片付けることができる収納術をご紹介します。

これまでと同じ収納ではなく、狭い家も上手に片付けられるコツを覚えて、暮らしやすいお家を作りましょう。

マンションでも使える!狭い家の収納で使える5つのワザ

狭い家でスッキリ収納を行うには、次の5つのことを覚えておきましょう。

スペースが限られてしまうマンションでも使えるので、収納でお困りの方は参考にしてみてください。

(1)収納は立体的に!

狭い家の収納を考えるときには、できるだけ床面積を使わないものを意識して選びましょう。

居住空間となるスペースにも収納家具が侵出してしまうと、よりお部屋が狭く感じてしまいます。

壁にラックをつける、突っ張り棒で棚を作る、背の高い家具を使うなどで立体的に収納を行いましょう。

ただし、大きすぎる収納家具は、圧迫感を生んでしまいさらにお部屋が狭く見えてしまうので、避けるのがベターです。

壁面収納も活躍する!

狭い家では床面積を使わずに収納できる壁面収納もアイデアに加えてみましょう。

壁面収納は収納スペースを確保するだけでなく、インテリアコーディネートにも役立ちます。

収納家具を増やしすぎて狭い家がより狭くなっているなどの場合には活躍してくれますよ。

(2)デッドスペースを作らない!

スペースが限られた狭い家では、空間を可能な限り有効活用することが大切です。

家具と家具の間や、家具の死角になっている部分など、無駄に空いてしまったデッドスペースをなくすことを心がけましょう。

お部屋にぴったりサイズの収納を置いたり、スリムな収納家具を置いたりと、少しのスペースでも収納場所にしてあげると、お部屋が散らかりにくくなりますよ。

オーダー家具ならお部屋ぴったりサイズに作れる

お部屋のサイズに合わせて設計されるオーダー家具なら、デッドスペースが生まれません。

梁や柱があってうまく収納家具を配置できない場合も安心です。

狭い家だからこそ、オーダー家具で片付けたいものを全て収納できる理想の家具を作ることも、アイデアに加えてみましょう。

(3)クローゼットの中はカスタマイズする!

ウォークインクローゼットなどの備え付けのクローゼットがある場合、充分に使いこなせていますか?

クローゼットは多くの場合、ハンガーを掛けるためのバーがついているだけですが、これでは洋服を掛けるだけの場所になってしまいます。

バーの上部に棚や突っ張り棒を設置したり、洋服の下に引き出しなどの収納棚を置くことで、よりたくさんのものを収納できますよ。

(4)収納の中身は整理整頓

収納家具を置いたら、その中にものをとにかく詰め込んでいるという状態になっていませんか?

これでは収納家具を100%使いこなせていません。

小物を収納するときには、仕切りやケースなどで整理整頓して、どこに何が入っているかわかる状態にしましょう。

整理整頓することで、今まで無駄になっていたスペースも有効活用できるので、よりたくさんのものを収納できるようになるかもしれませんよ。

家具は収納するものに合わせて選ぶのがベスト

収納家具に合わせてどこに何を入れるかを考える人が多いですが、実は逆のほうが片付けがうまくいきます。

収納したいものに合わせて家具を選ぶことで、狭い家でも片付けがしやすく散らかりにくいお部屋を作ることができます。

収納家具を揃える場合は、どこで何を使うのか、そこにはどんな収納が必要かを先に考えてみましょう。

(5)見せる収納も使える!

収納と聞くと、どうしても隠したり見えなくしたりするものをイメージしてしまいますが、飾るように収納する”見せる収納”も活用してみましょう。

飾り棚やガラスケースなどに小物を並べるだけで、収納しながらインテリアとして魅せることができます。

写真やフィギュアなどは定番ですが、本や雑誌なども飾り方によってはインテリアの一つになるので、ぜひ実践してみてください。

狭いお部屋も収納次第で快適に!

今回は狭い家での収納のコツをご紹介しました。

散らかってしまうと狭いお部屋がより狭く見えてしまいます。

できるだけ居住空間を確保しながら、片付けやすい収納を検討してみてください。

この記事のタグ

この記事が気に入ったらSNSでシェアしよう!

関連記事

SHOWROOM

「新しいアイデア」が生まれる
フルオーダー家具のショールームへ

お客様の収納についての悩みやご相談をコーディネーターにお伝えください。