ズボラさん必見!面倒くさがりでもお部屋をキレイにできる収納大辞典

整理整頓

片付けるのが面倒で、お部屋が散らかったままになっていませんか?

そんなズボラさんは、収納を見直すことで、スッキリとした部屋を作ることができますよ。

今回はズボラさん必見の、収納のルールをご紹介します。

ズボラさん必見!キレイな部屋をキープできる収納の5つのルール

自分は片付けが苦手かもしれない、掃除が下手かもしれない、そう考えている人は収納家具の見直しを行いましょう。

お部屋にある収納家具が、片付けしにくい状況を作っている可能性もあります。

収納を見直して、普段の意識を少し変えるだけで、ズボラさんも片付け上手になれますよ。

1.片付けるものに専用の収納場所を作る

ものに対して専用の収納場所は決まっていますか?

ズボラさんがやってしまいがちなのが、毎回違うところに片付けてしまうことです。

これではものの住所が定まらず、家のあちこちにものが散らかってしまいます。

例えば、ドライヤーは洗面所の収納に、上着は玄関に近いクローゼットの中に、文房具はリビングボードの引き出しの中に、という風に専用の場所を作りましょう。

2.使う頻度・用途に合わせて収納する

どの程度使うか、どんな場面で使うのかに合わせて収納する必要があります。

使う頻度が高いものは取り出しやすい場所に、そして、使ったらその場所で収納できるようにしましょう。

そうすることで、必要なときにはすぐに取り出してすぐに片付けることができるので、ズボラさんも片付けの習慣をつきやすくなりますよ。

3.収納は立体的に行う

とにかく散らかった部屋をどうにかしたいという考えから収納家具を増やしてしまう人がいますが、収納家具が居住スペースを圧迫してしまう可能性があります。

狭い部屋はより片付けが難しく感じてしまうので、収納家具を増やすときには立体的に、を意識しましょう。

高さを意識して収納をすることで、お部屋をスッキリ見せることができますよ。

4.収納家具は簡単に使えるように

ものを片付けるときに扉を開け閉めする、引き出しを開ける、などの動作がありますが、できるだけこの動作を減らすことで片付けのハードルを下げることができます。

例えば、収納棚の扉をワンプッシュで開けることができるようにしたり、引き出しに取っ手をつけて使いやすくするなどでも大丈夫です。

収納家具が自分の手助けをしてくれるアイテムになるように見直してみましょう。

5.見せる収納を使ってみる

片付けが苦手なズボラさんがやってしまうのが、全部見えないようにしまい込むことです。

引き出しやクローゼットにものを詰め込んで、一見お部屋はキレイですが中身はぐちゃぐちゃ、ということに心当たりはありませんか?

隠せる場所があるというのは片付けの逃げ道を作ってしまうことになります。

ズボラさんこそ、あえて見せる収納を取り入れることで、片付けをインテリアコーディネートとして楽しんでみることもアイデアに加えてみましょう。

本や雑誌、小物などは並べて置くだけでもおしゃれなインテリアとして演出できますよ。

脱ズボラ!片付けを習慣化させるには?

出しっぱなしを防ぐためには、片付けを習慣化させることが大切です。

収納の見直しを行ったら、次のことを意識してみましょう。

片付けができた日をチェック!

習慣をつけるには毎日行うことが大切です。

片付けをした日にはカレンダーにマークをつけるなどで自分の行動を目に見えるようにすると、習慣化しやすいですよ。

お子様と一緒にやってみるのも良いですね。

買ったものはすぐに片付ける

生活雑貨や食品のストック、洋服、通販で届いたものなどがそのまま部屋に放置されていませんか?

買ったものはすぐに片付けることが大切です。

収納スペースがいっぱいだと、入れるために片付けるという手間が発生するので、収納はゆとりをもたせましょう。

また、買い物をするときに収納スペースがあるかを考えることも一つの手段です。

ズボラさんこそ無駄なものは買わない!を意識することで、部屋が散らかりにくくなりますよ。

ズボラさんでも大丈夫!部屋をキレイにキープしましょう!

今回はズボラさん必見の収納のルールと、片付けを習慣化させるコツをご紹介しました。

収納家具は部屋をキレイにすることを助けてくれるアイテムです。

使いこなしてお部屋をスッキリさせましょう。

この記事が気に入ったらSNSでシェアしよう!

関連記事

SHOWROOM

「新しいアイデア」が生まれる
フルオーダー家具のショールームへ

お客様の収納についての悩みやご相談をコーディネーターにお伝えください。