【失敗しない】リフォームで壁面収納を設置するときの7つの注意点!

壁面収納 リフォーム

リフォームに合わせてお部屋に壁面収納を設置するご家庭も多いですが、ちょっと待ってください!

注意点はしっかり確認できていますか?

新しくなったお家はインテリアコーディネートも自由にできますが、壁面収納を置くときには気をつけなければいけないこともあります。

そこで今回は、リフォーム後の失敗を防ぐためにも、壁面収納を設置するときの注意点をご紹介します。

リフォームしたお部屋に壁面収納を置くときの7つの注意点!

これから10年20年と長く住むためにリフォームしたお家には、暮らしの利便性を高めてくれる壁面収納を置きたいと考える人も多いのですよね。

お部屋をスッキリ片付けられて、インテリアとしておしゃれにお部屋を演出するのにも役立つ壁面収納ですが、大きな買い物でもあり失敗は防ぎたいところです。

リフォームを後のお家に壁面収納の設置を考えている人は、まずは次の7つの注意点を押さえておきましょう。

1.収納の目的を決める!

意外にできていないのが、壁面収納の目的を決めることです。

便利で収納力も高いからなんとなく壁面収納が欲しい!と思っている人は要注意。

目的のない収納は、結局入れるものがなかったり、使い道がなかったりと、邪魔になってしまうかも。

せっかくの新しい壁面収納をお気に入りの一つとして活躍させるためにも、まずは何を入れてどんな風に使うのかを決めておきましょう。

2.壁面収納は動かすのが難しい

壁面収納は壁や天井に固定するものや、大型のものが多いため、一度設置すると動かすのが難しいことを覚えておきましょう。

例えば、兄弟二人で使っている部屋に壁面収納を設置したけど、子どもの成長に合わせて部屋を分けることになったときに壁面収納が動かせない。

大型のTVを買ったのでテレビ台の位置を変えたいけど、壁面収納を動かすことができないから断念した、など。

他の家具とは違って、簡単に移動させることができません。

リフォーム後のお家なので、引っ越しや工事を行う可能性は低いと思いますが、頭に入れておくと良いでしょう。

3.生活動線を確保する

壁面収納を設置するときに注意したいのが生活動線です。

リフォームすることで、それまでの生活とは少し違った動線を移動することも考えられます。

特に、キッチンやリビングなど複数人が使用するスペースは、人が通る場所を壁面収納が塞がないように気をつけましょう。

その部屋でどんな行動をするか思い出しながら、移動の邪魔をせず、使い勝手の良い場所に壁面収納を設置すると便利です。

4.圧迫感がでないようにする

壁面収納は大型のものも多く、圧迫感によって部屋が狭く見えてしまう可能性があります。

特に、床から天井までの高さのあるものや、壁一面を覆うようなものは、収納力は高いですが、圧迫感がでてしまいます。

壁面収納を設置するときには、壁や床が見える余白をしっかり作ることを意識しましょう。

高さ・幅・奥行きなどのバランスを考えた壁面収納なら、お部屋をスッキリおしゃれに演出してくれますよ。

5.見せると隠すを上手く使いこなす

壁面収納と言われてどんなものをイメージしていますか?

壁面収納には、オープンタイプで飾り棚にもなる”見せる収納”もあれば、扉がついた”隠す収納”もあります。

見せる収納は、インテリアとしてものを飾ることができて、すぐにものが手に取れる反面、常に見える状態なので、片付けておく必要があります。

隠す収納は、中身が見えないように仕舞うことができる反面、収納するためには扉を開ける引き出しを開けるなどの動作が必要です。

それぞれのメリット・デメリットを理解したうえで壁面収納を設置しておかないと、結果的に使い辛さを感じてしまいます。

6.デザインは床や扉に合わせて!

デザインにこだわりすぎるあまり、壁面収納が部屋から浮いてしまう可能性があります。

壁面収納のデザインは、リフォーム後のお部屋の床や壁、扉など面積の大きいものと合わせましょう。

オーダーの壁面収納の場合、デザインにこだわる人も多いですが、部屋に馴染むものを選んでおくと、統一感のあるスッキリとしたお部屋に仕上がりますよ。

7.素材に注意!

リフォーム後のお家は長く使う壁面収納を設置したいですよね。

その場合には、壁面収納の素材に注意してください。

デザインや機能に注目するあまり、素材は見落としがちなポイントでもあります。

長年使用しても劣化しないものや、変色しないものなど、素材にも注意して選びましょう。

壁面収納でリフォームしたお部屋をおしゃれに演出!

今回は壁面収納を設置するときに注意したい7つのことをご紹介しました。

リフォーム後のお家に壁面収納を検討している人は、ぜひ覚えておいてくださいね。

この記事が気に入ったらSNSでシェアしよう!

関連記事

SHOWROOM

「新しいアイデア」が生まれる
フルオーダー家具のショールームへ

お客様の収納についての悩みやご相談をコーディネーターにお伝えください。