これであなたも片付け上手!おしゃれな部屋に住む人の7つの特徴

インテリア

おしゃれな部屋に住んでいる人は”片付け上手”でもあります。

物が多く散らかった部屋は、どうしてもおしゃれから遠ざかってしまい、実用性も下がってしまいます。

片付けができていないことが、暮らしを不便にしているかも。

そこで今回は、片付け上手な人の7つの特徴をまとめました。

おしゃれな部屋を作りたい人は真似してみましょう。

あなたはいくつ当てはまる?片付け上手な人の5つの特徴

おしゃれな部屋を作るために、まずは今のあなたの部屋の状況を見直しましょう。

いくらおしゃれなインテリアを買っても、散らかった部屋にプラスするだけでは意味がありません。

おしゃれな部屋づくりの前に、片付け上手になるところから始めましょう。

特徴(1)物の場所を決めている

片付けの基本ですが、意外にできていない人が多いのが、物の定位置を決めること。

使ったものは定位置に返すという基本ができていないと、部屋に物が散乱する原因になります。

ドライヤーは洗面所の引き出しの中、文房具はテレビの前のペン立てに、など物の住所を決めてあげましょう。

片付け上手な人は必ず部屋のどこになにがあるのかを把握しています。

特徴(2)導線を考えた収納をしている

片付け上手な人は、家の中での行動と収納がマッチしています。

例えば、紅茶を1杯入れるためにキッチンにマグカップを取りに行って、ダイニング置いたポットでお湯を準備して、リビングの引き出しに入れたティーバッグを取りに行って、と家の中をうろうろしていませんか?

一つの動作が一箇所で済むような収納を行うことで、片付けの場所も一箇所になるので部屋が散らかりにくくなります。

片付け上手な人は導線も頭に入れながら収納をしているので、ぜひ真似してみてください。

特徴(3)いらない物は捨てている

片付け上手な人の部屋がおしゃれに見えるのは、単純に物が少ないからという理由もあります。

いらないものは捨てて、本当に必要なものだけ残すことで部屋が散らかりにくくなります。

片付け上手さんの多くが定期的に断捨離をしています。

いつか使う日がくるかもしれないと残しているものは捨てる、1ヶ月〜3ヶ月の間使わなかったものは捨てる、とルールを決めて捨てることでお部屋をおしゃれにすることができますよ。

特徴(4)見せる収納を使っている

片付け上手な人は「収納=隠す」という考え方ではなく、収納もインテリアの一つとして活用しています。

例えば、飾り棚やディスプレイなどを見せる収納として使うことでお部屋がおしゃれに片付いて見えます。

趣味のものが多い人や、コレクションが多い人は、見せる収納を活用してみてください。

特徴(5)壁面収納を活用している

片付け上手さんに人気の収納家具が壁面収納です。

お部屋の圧迫感を減らしつつ、収納スペースを確保する壁面収納は、おしゃれな部屋作りの強い味方です。

デッドスペースをなくして効率的に収納ができるので、マンションにお住まいの方にもおすすめですよ。

特徴(6)収納にはゆとりを作る

おしゃれな部屋に欠かせないのがゆとりです。

片付け上手さんのお部屋には、ゆとりと適度な余白があるという特徴があります。

部屋が狭く見える程家具を増やしたり、カラーボックスの中身をぎゅうぎゅうに詰め込んだりすると、おしゃれに見えないことも。

片付け上手さんを見習って、ゆとりのある収納を目指しましょう。

物が多すぎる場合は、捨てる・減らす、をルールにしておくと片付きやすいですよ。

特徴(7)よく使うものはあえて片付けない

片付け上手さんがやっているのが、あえて片付けないという方法。

毎日必ず使うものはどこかに入れるのではなく、目に見える場所や常に手を伸ばすことができる場所に収納します。

見せる収納を使うのもアイデアに加えてみてください。

よく使うものを片付けて、取り出す手間ができてしまうことを防ぎましょう。

片付け上手さんの特徴を参考に!おしゃれな部屋を作りましょう

今回は片付け上手さんの7つの特徴をご紹介しました。

片付け上手さんは基本的なことをしっかりおさえて実践しています。

部屋が散らかってしまっておしゃれな部屋が作れない人は、ぜひ真似してみてください。

この記事のタグ

この記事が気に入ったらSNSでシェアしよう!

関連記事

SHOWROOM

「新しいアイデア」が生まれる
フルオーダー家具のショールームへ

お客様の収納についての悩みやご相談をコーディネーターにお伝えください。