【北欧風】おしゃれな人が実践するキッチンの収納術!みんなが憧れる空間の作り方

整理整頓

おしゃれな人が注目しているのが北欧風のキッチンです。

北欧風はキッチン全体に温かみがあり、可愛らしい印象が特徴的です。

今回は、おしゃれで使いやすい北欧風キッチンの作り方と、効率的なキッチンにするための収納術をご紹介します。

キッチンをお気に入りのスペースに!北欧風キッチンの作り方!

北欧風のキッチンを作ると言っても、大幅なリフォームや改築は必要ありません。

使用する壁紙や調理器具を工夫して、キッチン全体の雰囲気を変えてみましょう。

まずは北欧風キッチンを作る手順をご紹介します。

その1:ベースカラーは落ち着いた色味に

北欧風のキッチンを作る中で最も大切なのは、ベースとなるカラーを落ち着かせること。

白、ベージュ、グレーなど大人しい色を壁紙や床に使用しましょう。

特におすすめなのが、白を多く使用した色。

グレーやベージュでも白が多く混ざっているような明るめの色を選びましょう。

その2:アクセントカラーを選ぶ

北欧風の決め手となるのがアクセントカラーです。

落ち着いたベースカラーに合わせる差し色は鮮やかなものを選びましょう。

赤や黄色やオレンジなどで温かみのある印象に、青や緑でスタイリッシュな印象に、色によってキッチンの印象が大きく変わります。

アクセントカラーは、調理器具やランチョンマットなどの小物、キッチン収納の扉の差し色などに取り入れるのがおすすめです。

その3:木の素材を取り入れる

北欧風の印象で大切なのが木の質感です。

キッチンは汚れにくさを重視してつや消しの素材を使用することも多いですが、北欧風キッチンを目指すならできるだけ木材の柄の見えるものを選ぶのがおすすめです。

今のキッチンの色味が全く異なる場合は、壁紙シートを使用してプチDIYもお手軽ですのでアイデアの一つに加えてみてください。

その4:北欧の柄物を取り入れる

そもそも北欧とはヨーロッパの北に位置するデンマーク、ノルウェー、フィンランド、スウェーデンを指します。

北欧風という言葉は、これらの国のインテリアや色使いを参考にしています。

その北欧風の決め手となるのが、北欧発祥の柄物のアイテムです。

フィンランドのマリメッコ、スウェーデンのアルメダールスなど日本でも人気の商品があり、キッチンに一点投入するだけで、北欧の雰囲気が高まります。

おすすめなのは色鮮やかなファブリックパネルや、キッチンで実用的に使用できる食器です。

お気に入りの柄を北欧風キッチンの決め手にしましょう。

北欧風キッチンで実践できる!おすすめの収納術

キッチンが完成したら、次は収納にこだわりましょう。

いくらおしゃれでも実用性の低いキッチンだと元も子もありません。

今回は、おしゃれにスッキリ片付けることができるキッチンの収納術をご紹介します。

調理器具を壁にかける

フライパンやレードルなどの調理器具は、引き出しの中に入れておくのが定番ですが、あえて壁にかけるのもおすすめです。

”置く”ことでスペースをとってしまうことを避け、見える収納でインテリアの役割も果たします。

すぐに手に取ることができるため、使い勝手も抜群です。

引き出しの中をケースで仕分け

細かいものが多いキッチンは、収納家具の中の引き出しの整理が重要です。

カトラリーなどを入れる場所は、種類ごとに分けることができるようケースを設置しましょう。

また、縦長のキッチン収納の中は、書類ファイルなどを活用することでスッキリ片付けることができるのでおすすめです。

ゴミ箱を見えないように収納

キッチンに絶対必要だけど、できれば人には見せたくないのがゴミ箱です。

生活感が出てしまうゴミ箱は、収納してしまえばキッチンの清潔感がよりアップします。

おすすめは、カップボードにゴミ箱を収納すること。

見た目と家事効率の両方を叶える収納家具がおすすめです。

北欧風の便利でおしゃれなキッチンを作ろう!

今回は北欧風のキッチンの作り方と、おすすめの収納術をご紹介しました。

毎日使うキッチンはおしゃれなお気に入りの場所にしましょう。

この記事のタグ

この記事が気に入ったらSNSでシェアしよう!

関連記事

SHOWROOM

「新しいアイデア」が生まれる
フルオーダー家具のショールームへ

お客様の収納についての悩みやご相談をコーディネーターにお伝えください。