新居の家具の配置はこうやって決める!おしゃれで快適な家の作り方

インテリア

新居へのお引越しで、自分で一から部屋づくりをするのは楽しみでもありますが、不安もありますよね。

理想の新居だったはずが、家具の配置に失敗して暮らしやすさが半減してしまうということも考えられます。

そこで今回は、新居の家具の配置の決め方についてご紹介します。

新居での快適な生活を叶えるために、ぜひ参考にしてみてください。

暮らしやすくておしゃれな部屋作り!新居の家具の配置を決めるには?

新居はとにかくスッキリさせたいという考えから、収納家具にこだわる人が多いですが、最初に収納を考えると居住スペースが圧迫されてしまう可能性があります。

部屋を片付けるための収納に新居を占領されるのは避けておきたいですよね。

収納を効果的に行うためにも、家具の配置を考えるときには、次のことを頭に置いておきましょう。

まずは生活動線を組み立てる

最初に考えたいのが、新居でどのように生活するのかです。

行動の妨げにならない場所に家具を置く必要がありますが、新居でのこれまでとは違う生活で曖昧になってしまう可能性があります。

家具の配置を検討する前に、新居の中で家族がどのように動くかの動線を確認しましょう。

家族のくつろぎ方を考えてみる

次に、それぞれの部屋で何をするかを考えてみましょう。

新居で確保したいのが家族の時間を過ごす”くつろぐ空間”です。

部屋の出入り口、食事をするスペースを除いたスペースで、どのように過ごしますか?

ソファに座ってくつろぐか、ラグや絨毯に座ってくつろぐかによっても必要なスペースは変わります。

家族がのびのびくつろぐことができるスペースを確保して、その場所には収納家具を置かないようにしましょう。

そうすることで、暮らしにくい空間になることを防ぎ、窮屈さを感じにくくなります。

収納は余裕をもって配置

くつろぎのスペースを確保したら、空いたスペースに収納家具を配置していきます。

ウォークインクローゼットが設置された新居では、ついついその他の収納を置かずに家具を考えてしまいますが、本当にそれだけで十分なのかを考えてみましょう。

新居の収納を考えるときに大切なのは、家族分の収納スペースを十分に確保すること。

足りない場合は収納家具を置くことで、散らかりにくい部屋に近づきますよ。

また、新居に収納家具を配置するときには、次のことに注意しましょう。

使ったものはその場で収納できるように

キッチンには食器や調理器具を片付けるカップボードを、着替えをするウォークインクローゼットには洋服を、など使ったものをその場で片付けることができる収納が便利です。

家の中でものを持って回ることがなくなるので、散らかりにくく片付けもしやすいですよ。

部屋の役割に合った収納を設置することで、無駄な移動や手間が発生しにくいので、ストレス無く快適に暮らすことができます。

また、収納家具家具を置く理由が明確になると、無駄に家具を増やしすぎて居住スペースを圧迫するということもなくなります。

圧迫感に気をつけて

新居では収納スペースを確保したいという理由から大型の収納家具を配置することもありますが、大きい家具は圧迫感を生む可能性があります。

片付けるために置いた家具のせいでせっかくの広い新居が狭く感じるのは避けたいですよね。

なにもない広々とした空間だからこそ、大型の家具を配置するときには、高さや幅に注意しましょう。

新居を家具で彩る!快適な空間を作りましょう

今回は新居の家具を考える時に覚えておきたいことをご紹介しました。

家具によって住みやすさは大きく変わります。

ライフスタイルに合わせた家具選びと配置決めで、家族が快適に暮らせる素敵な空間を作り上げましょう。

この記事が気に入ったらSNSでシェアしよう!

関連記事

SHOWROOM

「新しいアイデア」が生まれる
フルオーダー家具のショールームへ

お客様の収納についての悩みやご相談をコーディネーターにお伝えください。