マンションの収納が足りないときはどうする?プロが提案する3つの対処方法

整理整頓

マンションでの暮らしの悩みになりやすい収納。

収納が足りない状態での生活をどうにかしたくても、リフォームや住み替えがなかなか難しいのが現状ですよね。

そこで今回は、マンションに収納が足りないときの対処法をご紹介します。

マンションの収納が足りない!そんなときに実践したい3つの対処方法

オーダー家具を提供している収納ラボでは、実際にお客様から「マンションに住んでいるが収納が足りない」というご相談をいただくことがあります。

長く住めば住むほどものは増えるけど、収納スペースは限られている。

そんなお悩みを解消する方法を3つご紹介します。

(1)今ある収納を見直す

まずは、今マンションのお部屋にある家具を見直してみましょう。

それぞれの収納の中身はいっぱいになっていますか?

収納の中身に余裕がある場合は見直すことで、収納が足りない状況を改善できる可能性があります。

例えば、本棚はいっぱいだけどテレビボードの引き出しにはまだ余裕があった、などの場合は、収納の中身の一部を入れ替えることで対処できる可能性があります。

また、ずっと収納棚の奥に片付けていたけど、改めて見るともういらないものがあった場合は、捨てることでスペースを確保することができます。

足りないと思っていたけど、実は収納スペースが確保できることもありますよ。

(2)デッドスペースを有効活用する

マンションの収納が足りないときに見直したいのが、デッドスペースです。

デッドスペースは家の中で活用できていない場所で、いわゆる無駄になっている空間のことです。

家具の死角になっている場所や、壁との隙間、クローゼットの中、家電の上などにできていることが多く、普段の生活では気づいていないことがほとんどです。

マンションの中で主に見直したいのは次のところです。

洗濯機やトイレの周り

洗濯機の上やトイレの便器の上は見落としがちなデッドスペースです。

収納ラックを取り付ける、突っ張り棒を取り付けるなどで、収納が足りない状態を解消できる可能性があります。

クローゼットの中


クローゼットの中のポールに衣類だけを収納していませんか?

ハンガーで掛けた衣類の下が空いていることが多く、収納スペースを作るチャンスです。

引き出しや棚を設置して、無駄な空間を活用することで、足りない収納を補える可能性があります。

家具や壁の隙間

家具同士の隙間や壁と家具の隙間など、家具を買い足すうちにデッドスペースができている場合には、壁面収納で解消できるかもしれません。

壁面収納は壁や天井にぴったり納めることができ、無駄なスペースができずにたくさんのものを収納することができます。

お部屋の中にデッドスペースが多い場合は、壁面収納を取り入れてみるのもアイデアの一つに加えてみてください。

(3)新しい収納スペースを確保する

マンションのお部屋に有効活用できるスペースが無い場合は、新しい家具を置くことで、収納が足りない状況を解消します。

ただし、家具を増やすことでお部屋が狭く見えてしまったり、部屋がごちゃごちゃした印象に見える可能性もあります。

そのため、マンションに新しい家具を増やすときには次のことに注意しましょう。

生活動線を確保する

新しく家具を取り付けるときには、普段の生活の邪魔をしないことが大前提です。

朝起きてから夜寝るまでの行動を思い出して、生活の妨げにならない場所を探しましょう。

収納を優先するあまり、快適な生活を無くしてしまわないよう注意してくださいね。

圧迫感を減らす

マンションの限られたスペースを広く見せるためにも、家具は圧迫感のないものを選びましょう。

家具は、上の方に奥行きが出ないようにしたり、ボリュームを出しすぎないことで圧迫感を減らすことができます。

インテリアとして演出する

新しく家具を増やすときには、インテリアとしてマンションのお部屋に馴染むようなものを選ぶと、お部屋を狭く感じにくくなります。

すべて収納に片付けるのではなく、見せる収納をバランスよく活用することで、おしゃれなインテリアとして収納することができますよ。

マンションの収納が足りないときは今の収納の見直しから!

マンションの収納が足りないからと言ってむやみに家具を増やしてしまうと、お部屋が狭くなったり、生活動線を塞いでしまうことも考えられます。

まずは、今ある収納の見直しを行って改善していきましょう。

家具の見直しやデッドスペースの活用が、マンションの収納が足りない状態を解消する第一歩です。

この記事のタグ

この記事が気に入ったらSNSでシェアしよう!

関連記事

SHOWROOM

「新しいアイデア」が生まれる
フルオーダー家具のショールームへ

お客様の収納についての悩みやご相談をコーディネーターにお伝えください。