リビングに収納がないときの対処法!お部屋を広く見せるコツとは?

インテリア

リビングは人が居る時間が長い分、物も増えてしまいます。

収納スペースがないから家具を増やしたいけど、部屋が狭くなってしまっては元も子もありませんよね。

今回はそんなリビングに収納が少ないときの対処法をご紹介します。

リビングを広く見せる裏技!収納がないときの5つの対処法

リビングは家の中でも一番広いお部屋になることが多いですが、そんな場所で活躍するのが壁面収納です。

壁を活用することで無駄なスペースを生まずに収納スペースを確保することができます。

そんな収納の少ないリビングを改善して、お部屋を広く見せることに成功した事例をご紹介します。

飾り棚の魅せる収納で解決!

リビングに収納がない場合、どうしても大容量の収納を検討する人が多いのですが、一度頭に思い浮かべておきたいのが飾り棚です。

隠すのではなく、あえて見せる収納を採用することで、リビング全体を広くおしゃれに見せることができます。

普段は棚の奥に収納している物も、飾り棚に置くことでおしゃれに仕上がります。

ボトルガムやお菓子もインテリアとして活用できるリビング収納です。

詳細はこちら

組み込み式のオーダー家具でスペースを活用

リビングにおすすなのが、必要な物を組み込むことができる収納家具です。

デスク、ベッド、椅子など様々な組み込み式の壁面収納が、オーダー家具でなら叶えることができます。

今回の事例では仏壇が組み込まれています。

独立しているとスペースをとってしまう物も、他の家具に組み込んでしまえば収納スペースに困ることもありません。

普段は扉を閉めておけるので、来客時は家族以外には見えることはありません。

リビングに収納がないときには、家具をいくつも購入するのではなく、一つの家具に理想を詰め込むことで利便性もアップします。

詳細はこちら

壁を見せる収納で開放感を感じるリビングに

リビングに収納がないからと言って、壁を全て家具で埋めてしまうと、部屋全体に圧迫感が生まれてしまいます。

そこでおすすめなのが、あえて壁を見せる状態で設置する壁面収納です。

壁の周囲を覆うように収納棚を設置して、テレビ周りは壁紙が見える状態にすることで、開放感のあるお部屋に仕上がっています。

上下左右に設置された棚は、「収納場所がまた足りなくなるのでは?」という不安も取り除いてくれます。

物が増えるリビングには、細かい物から大きな物までばっちり収納できる壁面収納がおすすめです。

詳細はこちら

”白”を有効的に使った収納

収納は白色を基調にしてリビング全体を広く見せるのもおすすめです。

収納がないからと様々な質感や色味の家具を置いてしまうと、リビングが狭く見えたり雑多な印象になったりと逆効果になることも。

色は統一して、質感も合わせた収納がおすすめです。

特に白はお部屋を明るく広く見せる効果もあるので、壁面収納のような大きな家具で採用すると、リビングの印象もガラリと変えることができます。

詳細はこちら

置きっぱなしを防ぐ収納

リビングのテレビ周りは収納のお悩みの宝庫でもあります。

収納が少ないために、DVDやCDなどが置きっぱなしになってホコリをかぶってしまったり、配線が見えてしまったりと、片付かない印象になってしまいます。

そんなときはテレビ周りに十分な収納スペースを設置するのがおすすめです。

テレビボードやローボードには引き出しを設置して、出しっぱなしを防ぐ収納にしておくことがおすすめです。

収納がないからこそ、収納ボックスなどの細かいグッズを増やすのではなく、大きな収納家具で解消しましょう。

詳細はこちら

リビングの収納はただ増やすだけじゃないのがコツ!

今回はリビングに収納が少ないときの対処法をご紹介しました。

ただ単に収納家具を増やすのではなく、何をどのように収納したいのか、リビングの仕上がりはどんな風にしたいのか、理想のリビングをはっきりと思い浮かべてから改善するようにしましょう。

オーダーメイドの家具ならそんな理想を形にして、乱雑になりがちなリビングを生まれ変わらせることができますよ。

少しでも広々としたリビングを手に入れるために、ぜひ一度検討してみてくださいね。

この記事のタグ

この記事が気に入ったらSNSでシェアしよう!

関連記事

SHOWROOM

「新しいアイデア」が生まれる
フルオーダー家具のショールームへ

お客様の収納についての悩みやご相談をコーディネーターにお伝えください。