収納が少ないお家のお悩み解消術5選!スッキリとしたお部屋を作るには?

整理整頓

お家の収納が足りず、物が溢れかえっていませんか?

少ない収納では入り切らなくなったものが出しっぱなしになってしまうことで、お部屋が散らかった印象に、なってしまいます。

今回は、少ない収納でもお部屋をスッキリ片付ける方法をご紹介します。

収納が少ないときの対処方5選!

収納が少ないからと言って、収納用の家具をどんどん増やしてしまうと、居住スペースを圧迫してお部屋が狭くなったように感じる可能性があります。

収納家具を増やす前に、次の5つのことを実践してみましょう。

1.今の収納を見直す

まずは今ある収納が有効活用できているかチェックしてみましょう。

開かずの扉になっている収納や、何が入っているかわからない引き出しはありませんか?

無駄なく収納家具が使いこなせているか確認しましょう。

また、収納家具の中に仕切りやケースを入れる、細いものはまとめるなどの収納術で整理整頓してみましょう。

少ないと思っていた収納の容量がアップする可能性があります。

2.デッドスペースを収納スペースとして活用

家具と家具とのすき間、壁や柱とのすき間、壁面、家具の上部の空間など、家の中にはまだまだ使われていないデッドスペースがあるかもしれません。

棚や突っ張り棒を設置することで、新たな収納スペースとして生まれ変わらせてみましょう。

収納家具を増やすよりもお手軽で、今まで見落としていた部分を収納スペースとして使えるとなんだかお得な気持ちになりますよね。

お家の中にある見落としがちなデッドスペースについては、こちらの記事で詳しくご紹介しています。

3.見せる収納を活用しておしゃれに演出

収納はどうしても見えないように片付けることを考えてしまいますが、収納が少ない場合は”見せる収納”もアイデアに加えてみましょう。

リビング収納では本や雑誌、小物、キッチンでは調理器具や調味料、洗面所では洗剤などは、置くことでインテリアとして演出できます。

少ない収納に入り切らない場合は、あえて見せるという方法も試してみましょう。

4.専用の収納場所を決める

収納が少ないお家こそ、どこに何を片付けるのかをしっかり決めておくことが大切です。

ものの住所を決めるイメージで、専用の収納場所を決めてあげましょう。

また、収納場所に迷ったら「ものを使う場所に片付ける」を基本のルールにしましょう。

使った場所ですぐ片付けられるようにすることで、お部屋が散らかりにくくなりますよ。

5.新しい収納家具は動線を確保

どうしても収納が少ないときには家具を買い足しましょう。

ただし注意したいのが、お部屋の中の動線を確保することです。

一日の過ごし方を想像しながら、人が通る場所や長い時間を過ごす場所には家具を置かないようにしましょう。

また、収納家具はなんとなく置き場所を決めるのではなく、役割に合わせて使いやすい場所に配置することが大切です。

ものを持って回らなくても生活できるように収納家具を追加しましょう。

壁面収納で快適なお部屋づくりができる!

収納が少ない場合に活躍するのが壁面収納です。

壁一面に大容量の収納を設置できることはもちろん、いくつかの家具の役割を集約することもできます。

例えば、テレビボードとパソコンデスクと本棚を組み合わせた壁面収納にすれば、一つの家具で3つの役割をこなし、収納スペースを確保することもできます。

一度お家全体の収納を見直したい場合や、根本から変えたい場合には、壁面収納を検討してみても良いかもしれません。

収納のお悩みを解消して理想のお部屋づくり

今回は収納が少ない場合の解決方法をご紹介しました。

片付けが思うように進まない人やすぐに部屋が散らかってしまう人は参考にしてみてください。

この記事が気に入ったらSNSでシェアしよう!

関連記事

SHOWROOM

「新しいアイデア」が生まれる
フルオーダー家具のショールームへ

お客様の収納についての悩みやご相談をコーディネーターにお伝えください。