キッチンを使いやすくする収納の5つのコツ。絶対知っておきたい基本とは?

整理整頓

朝ごはんの支度をして片付けが終わったと思ったら、すぐにお昼ごはんの準備スタート。

そんな忙しく動き回るキッチンは、常にスッキリ片付けて置くことで家事の効率がアップします。

ものが増えてしまったり、忙しくていちいち丁寧に片付けてられない、というときには収納を見直してみましょう!

今回はスッキリとした使いやすいキッチンを作るコツをご紹介します。

キッチンの使いやすさを収納が決める!押さえておきたい5つのコツ

家の中でも物が多いキッチンは、収納を変えて使いやすさをアップさせましょう。

今回は、今スグに実践できる基本的な事柄を中心に紹介します。

コツ1.収納スペースは余裕を持って確保

そもそも今キッチンにあるものに対して、収納スペースが不足していることが考えられます。

食器や調理器具、調味料や食材のストックなど、収納したいものを全て入れても少しゆとりが生まれるぐらいがベストです。

収納しきれないものが出しっぱなしになると、その分キッチンの作業スペースを圧迫してしまい、使いにくくなってしまいます。

食器棚を置いている場合は、食器棚そのものの使いやすさにも注意しましょう。

収納するために置いている家具が、家事の邪魔をしている可能性もあります。

使いやすい食器棚についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

コツ2.家事動線をしっかり確保!

片付けるために置いた収納家具が、家事動線を塞いでいないか確認しましょう。

食器棚だけでなく、収納用のワゴンやゴミ箱などは、人が通る場所を避けて配置します。

家事動線を邪魔してしまうと、無駄な動作が増えてしまい、使いにくいキッチンだと感じてしまいます。

また、どこに収納を配置するかも大切です。

キッチンでは、収納だけでなくコンロやシンク、冷蔵庫を往復しながら家事を進めますが、距離が離れすぎていると不便です。

動線を確保しながら家事がしやすい適切な場所に収納を配置できているキッチンを作りましょう。

コツ3.収納するものは専用の場所を決める

片付けをするときに、毎回違う場所に収納してしまっていませんか?

収納の基本は、物に住所を割り振るように固定の収納場所を決めてあげることです。

毎回同じ場所に収納することで、片付けのたびに「どこに入れるか」を考える必要もなくなるので、スムーズです。

また、用途や使用頻度に合わせて収納場所を決めることで、無駄な動作がなくても取り出すことができるので、使いやすいキッチンに近づきますよ。

コツ4.扉や引き出しは全開にできるスペースを確保!

キッチンに収納を置いたのは良いものの、引き出しを全て出せなかったり、扉が全開にできないという状態ではありませんか?

そういった場合、収納家具の使い勝手は半減してしまい、十分に機能しなくなります。

今使っている収納家具が使えていない場合は、サイズや配置を変えて、適切に使えるようにしましょう。

コツ5.家電はスライド式の棚が便利

意外に場所をとってしまうのがキッチン家電ですよね。

使うたびに片付けるというわけにもいかず悩んでいる人も多いのですが、スライド式の棚ならお悩みを解消してくれます。

炊飯器や湯沸かしポットなど、使う時にだけ引き出して使えるように収納しておけば、邪魔になりません。

おまけ:キッチンのおしゃれを考えるときは?

使いやすさも重要だけど、やっぱりおしゃれなキッチンも憧れですよね。

おしゃれなキッチンを作りたい場合にも、まずはキッチンの機能性を重視しましょう。

どれだけデザイン性が高くでも、収納ができず散らかっている状態では台無しになってしまいます。

最優先は使いやすさ、その次にデザインを考えるようにしましょう。

キッチンをおしゃれにしたいときには、食器棚を使ってインテリアコーディネートすることもアイデアに加えてみてください。

収納の見直しで使いやすいキッチンは作れる!

今回は、使いやすいキッチンを作るコツをご紹介しました。

毎日の家事で不便に感じている人は収納を改善してみましょう。

この記事が気に入ったらSNSでシェアしよう!

関連記事

SHOWROOM

「新しいアイデア」が生まれる
フルオーダー家具のショールームへ

お客様の収納についての悩みやご相談をコーディネーターにお伝えください。