大学生の一人暮らしに欠かせないインテリアは?狭い部屋をおしゃれにするコツ

インテリア

大学生の一人暮らしでは、実家よりも狭い部屋で暮らすことになりインテリアコーディネートが上手くいかないという悩みがありますよね。

あれもこれもと置いていくと居住スペースが狭くなるし、家具を減らすと収納スペースが足りないという声も。

そこで今回は、一人暮らしの大学生向に向けておすすめのインテリアとお部屋をおしゃれに見えるコツをご紹介していきます。

大学生向け!一人暮らしのお部屋をおしゃれにするには?

おしゃれなお部屋を作るには散らからないこと生活感がないこと統一感があること、が大切です。

狭いお部屋でも収納スペースをしっかり確保して、おしゃれな部屋を作るために、次のことを実践しましょう。

デッドスペースを作らない

大学生の一人暮らしのお部屋は1Kやワンルームなどが主流です。

少しでも空間を有効活用できるようデッドスペースは無くすようにインテリアコーディネートをしてみましょう。

ベッドの下や家具と家具の間、棚の上部など、無駄なスペースを収納に充てると、一人暮らしの狭いお部屋も広く感じますよ。

収納は立体的にしてみる

収納スペースを確保するためにとにかくインテリアを増やす人がいますが、大学生の一人暮らしでは避けるのがベストです。

居住スペースを圧迫してしまうので、収納スペースを確保したいときには立体的な収納を心がけましょう!

棚をいくつか組み合わせて高さを出したり、壁にラックを取り付けたりは、狭いお部屋でも実践しやすいですよ。

クローゼットの中をカスタマイズ

大学生の一人暮らしで選ぶお部屋には、小さいながらもクローゼットがついている場合が多いのではないでしょうか?

お部屋に完備されているクローゼットはとにかく有効活用しましょう。

基本的にはハンガーをかけるバーだけが設置されていますが、引き出しやBOXを置いたりして、中身が整理整頓しやすいようにカスタマイズしましょう。

大学生の一人暮らしにおすすめのインテリア

では具体的にどんなインテリアを選べば良いのでしょうか?

大学生の一人暮らしにおすすめのインテリアをご紹介します。

収納付きテレビボード

テレビを置くためのインテリアは収納スペースがあるものがおすすめです。

DVDプレーヤーなどを収納できるスペースや、テーブルの上に置きっぱなしになってしまうものを入れることができるスペースを確保しましょう。

たくさんインテリアを置くことが難しい場合には、テレビボードに収納の機能を集約しましょう。

ライフスタイルに合わせたテーブル

必ず置きたいインテリアがテーブルですが、自分の生活に合わせて選びましょう。

大学生の一人暮らしの場合、食事や課題、パソコン作業などを一つのテーブルで行うことになります。

床に座って使うものか、椅子に座って使うものか、どちらが適しているのかを考えましょう。

テーブルがしっかり使える状況を作ると、物を置く場所になりにくく散らからないお部屋を作ることに近づきますよ。

ソファは本当に必要か考えてみて!

一人暮らしではソファを置く人もいますが、実はくつろぐスペースとして使うのではなく背もたれや物置になっていることが多々あります。

ソファは大きなインテリアの一つでもあるので、本当に必要な場合のみ置きましょう。

くつろぐ空間を作るインテリアとして、ソファ以外にも大きなクッションを買ったり、ベッドにサイドテーブルをつけたりと、狭いお部屋でも快適に過ごせるアイデアがありますよ。

大学生の一人暮らしはインテリアコーディネートを楽しもう!

今回は、大学生の一人暮らしのお部屋をおしゃれに見せるインテリアコーディネートのポイントをご紹介しました。

お部屋づくりが思い通りにいかない場合は、ぜひ参考にしてみてください。

この記事が気に入ったらSNSでシェアしよう!

関連記事

SHOWROOM

「新しいアイデア」が生まれる
フルオーダー家具のショールームへ

お客様の収納についての悩みやご相談をコーディネーターにお伝えください。