衣類収納の5つのコツ!片付けが苦手でもきれいな部屋が長続きする方法

整理整頓

年々増えて行く衣類の収納に頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか?

特に季節の変わり目には、半袖と長袖が入り混じった状態でうまく収納ができず散らかった状態に、というのは実はどこのご家庭でもあるあるです。

衣類の収納に関するお悩みは、ポイントさえおさえることができれば誰でも簡単に解消できます。

今回は、片付けが苦手な人も真似するだけできれいな部屋をキープできる収納のコツをご紹介します。

衣類収納を見直そう!覚えておきたい5つのコツ

衣類がすぐに散らかってしまうのは、収納家具に原因があるかもしれません。

片付けが苦手だと思っている人は、収納を見直して「片付けやすい環境」を作ってあげることで、衣類の収納が楽になるかもしれません。

まずは衣類収納のコツを覚えて、ご自宅で実践してみてください。

コツ1.洋服は”畳む”よりも”掛ける”のが簡単

ご自宅の衣類収納はどんなものを使っていますか?

衣類を畳んで引き出しや衣類ケースの中に収納している人は、片付けのハードルを上げてしまっています。

衣類は畳むよりもハンガーを使って掛けるほうが簡単に収納できます。

ハンガーを使えば、どこに何があるかもひと目で把握しやすく、入れ替えや移動も楽にできます。

衣類収納を考えるときには、掛けることを考えて高さを確保するようにしましょう。

コツ2.着替える場所に収納する

実は意外にできていない人が多いのが、着替えをする場所に衣類収納を置くことです。

収納の基本は、その場所で使ってその場所で片付けるということです。

用途に合わせて収納を置いてあげることで、かなり楽になります。

着替えをどこかに取りに行く、片付けにいくという手間が発生しないように、衣類収納を置く場所は着替えを行う場所であるようにしましょう。

コツ3.一定の場所に収納する

衣類は毎回同じ場所に収納するようにしましょう。

昨日はリビングにコートを掛けたけど、今日は自分の部屋に置くようにする、など毎回収納場所を変えると片付けの習慣がつきにくく散らかる原因になります。

特に物が増えてくると、どこに何があるかわからなくなり掃除の手間も増えてしまいます。

衣類に対して専用の収納場所を作って、毎回同じ場所に確実に収納しましょう。

コツ4.収納は”簡単に”を意識する

部屋をきれいに見せようとするあまりやってしまいがちなのが、収納方法を難しくしてしまうことです。

全て隠して収納するために扉付きの衣類収納家具を使ったり、生活感を消すために目につきにくい場所に収納家具を置いたり。

結果的に生活動線からはずれて使いづらさを感じてしまったり、片付けるのが面倒になって衣類が出しっぱなしになる原因にもなります。

収納ではおしゃれも重要ですが、何より散らからないことが最優先です。

そのためには、自分や家族が簡単に使うことができる衣類収納を選びましょう。

コツ5.クローゼットの中身を有効活用

衣類収納専用の家具として使用しているご家庭も多いクローゼットですが、100%活用できていますか?

一般的にクローゼットは、ハンガーを掛けるためのポールや引き出しのみがついていますが、これを使うだけでは本来の力を発揮できていません。

クローゼットは中身をご自宅の衣類の状況に合わせてカスタマイズしましょう。

棚を取り付けたり、仕切りや衣類ケースをつけたりして収納容量が最大且つ使いやすい衣類収納に変身させてください。

コツを押さえて収納上手!衣類をスッキリ片付けましょう

今回は衣類収納のコツをご紹介しました。

衣類が片付かない人は一度ご自宅の収納を見直してみてください。

この記事が気に入ったらSNSでシェアしよう!

関連記事

SHOWROOM

「新しいアイデア」が生まれる
フルオーダー家具のショールームへ

お客様の収納についての悩みやご相談をコーディネーターにお伝えください。