玄関の収納アイデア5選!キレイが続く靴が散らからない工夫とは?

整理整頓

季節ごとに変わる履物や子どもの外用のおもちゃや工具など、家の中に入れたくないものは玄関に収納しているというご家庭も多いですよね。

長く住めば住むほどいつの間にか物が増えてしまい、靴が出しっぱなしという状況になっていませんか?

今回は限られたスペースを上手に活用する玄関の収納アイデアをご紹介します。

お家の印象をガラリと変える!玄関の収納アイデア5選!

家の出入りで必ず通る玄関はまさにお家の”顔”と言っても良いほどです。

スッキリと片付いた玄関は、お家に招く人からの印象をアップさせることはもちろん、家族の使い勝手も良くなります。

玄関の収納を見直すことで、お出かけの準備がスムーズになったり、衣替えが楽ちんになったりするかも。

今回は、実際の事例を見ながら玄関の収納アイデアを5つご紹介します。

1.組み換えができる!将来を考えた玄関収納

飾り棚スペースがあるこちらの玄関収納は、見た目をスッキリさせるフラットなデザインが特長です。

ただし、そのデザイン性だけではなく、中身に秘密が。

玄関収納の扉を開けると、中は仕切りが取り付けられた奥行きのある収納です。

実は中の仕切りは収納するものによって、棚板の高さを自由に組み替えることができます。

棚の高さが決まっていると、収納スペースに合わせて買い物をする必要がありますが、組み換えができる玄関収納なら安心です。

靴はもちろん、脚立や傘など背の高いものも収納することができます。

ものが増えることを予想して将来に備える収納アイデアで、靴が散らかることを防ぎます。

詳細はこちら

2.実用性抜群!収納付き玄関ベンチ

玄関収納と言えば靴箱を思い浮かべる人も多いですが、そんなイメージを覆すのがこちらの収納付きベンチです。

お年寄りや子どもがいらっしゃるご家庭では、玄関でお出かけの準備をするときに腰掛ける場所があると便利ですよね。

でも、椅子をそのまま置いておくわけにもいかず、どうしても玄関で時間がかかってしまう。

そんなお悩みを解消するアイデアが収納付きベンチです。

腰掛けられるベンチは、椅子の部分を持ち上げると収納スペースが現れます。

深さのある収納は、スニーカーやサンダルはもちろん長靴やブーツの収納にも役立ちます。

防水スプレーや靴べらなどを入れておくのも良いですね。

便利なだけでなく、スタイリッシュにお悩みを解消する玄関収納です。

詳細はこちら

3.明るくスタイリッシュな玄関収納

ガラス素材を使った美しくスタイリッシュな玄関収納です。

白で統一された玄関収納は、玄関全体を明るく見せてれます。

人を一番に出迎える玄関だからこそ、明るい場所にしておきたいという思いを叶えてくれます。

こちらの玄関収納は引き戸ではなく開き扉を採用しています。

開き扉にすれば中身全体を見渡すことができて、お目当ての靴も見つけやすいですね。

お店のように靴をディスプレイすれば、お出かけ前に選ぶ時間も楽しくなるかもしれません。

靴だけでなく、傘の収納スペースも作っておけば、迷子になりやすい折りたたみ傘も迷子になることがないので使い勝手も抜群です。

詳細はこちら

4.大容量だけど圧迫感のない玄関収納

とにかく大容量の玄関収納を取り入れるのもアイデアの1つです。

こちらは、広い玄関のスペースを目一杯使った玄関収納です。

あえて棚の高さを変えてL字型にすることで、圧迫感をなくしています。

玄関の壁面収納というと壁一面のものを思い浮かべてしまいますが、壁が見える部分を作ってあげたり、飾り棚になる部分を作ってあげたりするだけでこんなに開放的でおしゃれな印象になりますね。

もちろん収納力も抜群です。

サイドにはスリッパを入れておくスペースを作ったり、扉の内側に靴べらを引っ掛ける部分をつけたりと、アイデアが詰まった玄関収納です。

詳細はこちら

5.姿見鏡付き!白で統一したおしゃれな玄関収納

壁紙や天井に合わせて白で統一した玄関収納。

玄関全体を明るく見せて爽やかな印象にしてくれます。

お出かけ前に全身を見ることができる姿見鏡を付けておけば、コーディネートに合わせて靴を選ぶ楽しみも増えそうです。

中身は細かく仕切りがついていて、たくさんの靴を収納できるようになっています。

小さなバーを付けておけば、傘や靴べらを引っ掛けて収納できるので、傘立ても必要ありませんね。

靴の収納、傘の収納、鏡と3つの役割を1つに集約することで、玄関の広さを確保してスッキリ見せる収納アイデアです。

詳細はこちら

玄関はアイデア次第で変わる!収納の工夫で印象を変えましょう

今回は玄関の収納アイデアを事例とともにご紹介しました。

玄関収納は靴はもちろん、他に何を収納するのかを考えておくのがポイントです。

どこまで収納の中にしまって、何は外に出しておいても良いのかを整理して、スッキリとした玄関を実現しましょう。

この記事のタグ

この記事が気に入ったらSNSでシェアしよう!

関連記事

SHOWROOM

「新しいアイデア」が生まれる
フルオーダー家具のショールームへ

お客様の収納についての悩みやご相談をコーディネーターにお伝えください。