一人暮らし女子必見!おしゃれな家を作るための8つのチェックポイント

インテリア 新居

一人暮らしのお家はまさに自分だけの空間。

自由におしゃれにアレンジしてお気に入りで暮らしやすいお部屋を作りましょう。

今回は、誰でも簡単におしゃれな家を作ることができる8つのチェックポイントをご紹介します。

おしゃれな家は誰でも作れる!一人暮らし女子が今すぐ確認したい8つのチェックポイント

せっかくの一人暮らしなのに家の中がなんだか散らかっている、家が狭くておしゃれにできない、そんな悩みを持っている方は、お部屋の見直しを行いましょう。

  1. 生活動線は確保できてる?
  2. 収納は立体的にできてる?
  3. 圧迫感はない?
  4. 部屋の統一感はある?
  5. 生活感はない?
  6. 見せる収納は使えてる?
  7. 専用の収納は作れてる?
  8. お気に入りになってる?

では早速細かく解説していきます。

1.生活動線は確保できてる?

おしゃれに意識が向いてしまうと忘れがちになってしまいますが、実は生活動線を正しく確保することはおしゃれな家を作る第一歩でもあります。

特に一人暮らしのようにお部屋のスペースが限られている場合は、自分の行動を妨害するような場所には家具を置かないようにすることで、部屋が散らかることを防ぎます。

まずは家の中で”生活する”ことを優先して家具の配置を決めましょう。

2.収納は立体的にできてる?

おしゃれな部屋=片付いた部屋、と収納を増やすことろまでは良いのですが、収納は立体的が基本です。

平面に数を増やしてしまうと居住スペースを圧迫してしまったり、床が見えなくなって部屋が狭く感じてしまいます。

一人暮らしのお家では高さを活用した収納を行いましょう。

3.圧迫感はない?

収納を立体的に!とは言ったものの高さを出しすぎるのはNGです。

天井まであるような収納家具は、部屋が狭く見える原因になる可能性もあります。

10帖以下の狭めの一人暮らしのお部屋の場合は、自分の身長を超えない程度を目安に家具の圧迫感を軽減しましょう。

4.部屋の統一感はある?

おしゃれな家作りの条件として挙げられるのが、統一感があるかどうかです。

家具の色や素材など、まとまりのあるデザインのものを選びましょう。

迷った時は、部屋の床や壁、ドアの色など、面積の広い箇所に合わせると簡単に統一感のあるおしゃれな部屋が完成しますよ。

5.生活感はない?

家の中に生活感があるとおしゃれとは遠ざかってしまいます。

ゴミ箱は見えないように工夫する、使ったものは置きっぱなしにならない収納を設置する、などまるで人が暮らしていないモデルルームのような部屋を目指しましょう。

暮らしの様子が見えそうなものは、収納家具の中に片付けてしまうのがコツですよ。

6.見せる収納は使えてる?

全て隠して収納しようとするとスペースが足りず結局出しっぱなしに….となってしまってはおしゃれな家を作ることはできません。

限られたスペースを有効活用するためにも見せる収納を使ってみましょう。

例えば、ティッシュ箱一つでもおしゃれなケースに入れて棚の上に置くだけでインテリアに早変わりしますよ。

7.専用の収納は作れてる?

おしゃれな家に住んでいる人は収納上手さんですが、収納上手さんがやっているのが”専用の収納”を作ることです。

どこに何を片付けるのかを明確にすることで、散らかることを防ぎます。

何でも入れてOKな収納場所を作るのは避けて、それぞれ専用の収納場所を決めておきましょう。

8.お気に入りになってる?

最も大切なのは、自分のお気に入りの家になっているか。

おしゃれの価値観は千差万別です。

お気に入りの家具を置いて、自分でコーディネートをした暮らしやすい家での一人暮らしはきっと楽しいものになるはずです。

自分のセンスを発揮して、その場所に居るだけで毎日が充実するようなとびきりお気に入りの空間を作りましょう。

おしゃれな家で素敵な一人暮らしを

今回は一人暮らしのおしゃれな家を作るためのチェックポイントをご紹介しました。

ぜひ真似して、おしゃれな家を作ってみてくださいね。

この記事が気に入ったらSNSでシェアしよう!

関連記事

SHOWROOM

「新しいアイデア」が生まれる
フルオーダー家具のショールームへ

お客様の収納についての悩みやご相談をコーディネーターにお伝えください。