無垢材とは?特徴と家具としてお家に取り入れるメリットを徹底解説

インテリア

家具を探しているときやリフォームの際に見かけることがある「無垢材」という言葉ですが、無垢材がどんなものかご存知ですか?

今回は、お部屋づくりに役立つ無垢材について解説していきます。

お部屋づくりを楽しむために知っておきたい「無垢材」

ご自宅にはどんな家具やインテリアを置いていますか?

気づかないうちに無垢材を採用しているかもしれません!

ですが、無垢材の家具は他の家具とは違う特徴があることは知っておきましょう。

無垢材とは?

無垢材とは、木からそのまま切り出した天然の木材のことです。

接着剤を一切使わずに、丸太を製材するため、自然のままの模様や質感を楽しむことができます。

自然の暖かみや重厚感が特徴的で、自然の素材であるため経年変化を楽しめるのも魅力です。

使えば使うほど”味”が出るのが無垢材を使った家具です。

無垢材の家具と比較されることが多いのが「突板家具」です。

突板家具とは?

市販の家具で販売されているものの大半は「突板家具」です。

突板家具は、薄くスライスした木のシートを、ベニヤ板や丈夫な板に接着して、さらに芯材を貼り付けてできている家具です。

よって、内側はベニヤや芯材ですが、見える部分は木のシートなので、まるで木材かのように見えます。

無垢材は見えていない部分を含めて全てが自然の木材ですが、突板家具は目に見えない家具の中心部に安価な素材や木くずが使用されることがあります。

無垢材の家具のメリット

無垢材の家具は次のようなメリットがあります。

丈夫で長く使える

家具の芯まで自然の木材でできている無垢材の家具は頑丈で、比較的長く使うことができます。

無垢材ならではの風合いを楽しめる

自然の素材ならではの経年変化で、無垢材でしか出せないような風合いを楽しむことができます。

時間が経つにつれてアンティーク感や味わいが出ます。

重厚感

自然の素材だけを使う無垢材だからこその重厚感が魅力です。

他の素材では出せない風合いは、お部屋に置くだけで高級感を醸し出します。

無垢材のデメリット

魅力的な無垢材の家具ですが、デメリットも覚えておきましょう。

価格が高い

無垢材の家具は大量生産が難しいため、価格が高くなります。

そのため、お部屋の中を全て無垢材の家具で揃える場合は費用が高くなることを覚えておきましょう。

重い

無垢材の家具は内部まで自然の木材でできているため、重さがあります。

家具の大きさによっては、市販されている家具のように持ち上げたりすることが難しいこともあります。

割れや反りが起こる

無垢材は湿気を吸収することで膨張することがあります。

逆に、湿気を放出して収縮することがあります。

その際のダメージで無垢材の家具が割れたり、反ったりすることがあることを覚えておきましょう。

お手入れが必要

無垢材は水や油などの汚れが染み込みやすく、キズがつきやすいというデメリットがあります。

そのため、家具として使用する場合は、使用する場所を考える必要があります。

無垢材の家具はどこで使うべき?

メリットとデメリットのある無垢材の家具は、使う場所をしっかりと考える必要があります。

特に、収納家具として無垢材を使用する場合には、デザインや見た目よりも、まずは収納の課題を解決することを重視しましょう。

また、お手入れが必要になるため汚れやすい場所などには向きません。

家具の扉や引き出しの面材のみに使用したり、ダイニングのテーブルやチェアの脚のみに使用するなどの工夫をしましょう。

 

この記事が気に入ったらSNSでシェアしよう!

関連記事

SHOWROOM

「新しいアイデア」が生まれる
フルオーダー家具のショールームへ

お客様の収納についての悩みやご相談をコーディネーターにお伝えください。