インテリア

自宅の収納スペースにお困りの方必見!上手く整理整頓する画期的な方法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
自宅の収納スペースにお困りの方必見!上手く整理整頓する画期的な方法とは?

皆さんこんにちは。

あなたの家には無駄なスペースはありませんか?

その無駄なスペースを有効活用出来れば、さらに収納スペースができ整理整頓ができると思います。

というわけで今回は、場所別に収納スペースの活用方法をご紹介していきます。

 

自宅の整理整頓にお困りの方必見!収納スペースをうまく活用しよう!

収納スペースを作るためには、デッドスペースを活用することが必然になってきます。

デッドスペースとは、有効活用されていない空間のことを言います。

では具体的にデッドスペースを活用した事例を、ご紹介していきたいと思います。

 

1.玄関の収納スペースを活用

玄関の靴箱 収納スペースを活用

玄関に置いておきたいものって意外とたくさんありますよね。

靴(ブーツ、スニーカーなど)、鍵、傘、そしてハンコなど。

だからこそ玄関は収納が大きい方がいいですよね。

 

こちらの事例は玄関の横に収納家具を置くことで、スッキリするようになっています。

2.キッチンの収納スペースを活用

キッチンの収納スペースを活用

キッチンが汚いと生活感があふれる空間になってしまいます。

生活感があふれる空間にしたいならばいいんですが、生活感を隠したいという方はキッチンの収納スペースを活用して頂きたい。

そこでも出てくるのが、壁面収納。

やはり、整理整頓がうまい人は壁面収納をしているように思います。

 

3.リビングの収納スペースを活用

リビングの収納スペースを活用

TVの周りは、デッドスペースが多いように感じます。

周りにものを置いたら、TVに集中できないという思いがあったりします。

だからこそ、TV周りにデッドスペースが多くなってくるのです。

こちらの事例はTV周りを壁面収納にすることにより、リビングがスッキリしてるように見えます。

 

4.クローゼットの収納スペースを活用

クローゼットの収納スペースを活用

クローゼットで収納を考えている方でしたら、窓を中心にクローゼットの置く場所を考えたら整理整頓出来る部屋になると思います。

事例から見ると、窓の前デスクを置き、その横にクローゼットを隙間なく使うことによりデッドスペースをなくし、整理整頓が出来る部屋に出来ると思います。

 

 

収納家具をフルオーダーで作る

どれだけデッドスペースがあっても、サイズがぴったりの家具があるとも限らない。

壁と同化させるに、収納家具の色を壁の色と合わせたい。

様々な声があると思います。

収納ラボだったら、収納家具がフルオーダーなので、あなたの声を実現できるかもしれません。

イメージしている部屋がある方は収納ラボで相談もできますので、気軽にご来店ください。

 

整理について書かれた記事はこちら!

収納家具でムダのないお家を作る方法

オーダー家具やデッドスペースに関する記事はこちら!

今人気急上昇中のオーダー家具。その理由とは?

オーダーの壁面収納で自宅のスペースが3倍広くなる理由とは?

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


収納マガジン - あなたの快適な生活を彩るメディア

関連の記事

最新の記事

収納ラボ ショールーム