【アラフォー男性必見】モテ部屋を作る3つの条件とは?事例を元に徹底解説

壁面収納
【アラフォー男性必見】モテ部屋を作る3つの条件とは?事例を元に徹底解説

人を呼んでも恥ずかしくない、むしろ人を呼びたくなるようなモテ部屋作りを課題にしている男性も多いですよね。

足を踏み入れた人が、「おしゃれ!」「キレイなお部屋!」という感想を口にするようなお部屋はどのように作るのでしょうか?

今回はモテ部屋作りの条件と、参考にしたいインテリアの事例をご紹介します。

男のモテ部屋はこう作る!押さえておきたい3つの条件

人気のおしゃれな家具を置いたり、高級な家具を揃えるだけでは、イマイチおしゃれ感がでない、という経験はありませんか?

モテ部屋を作るには次の3つの条件が重要です。

  • 清潔感
  • 統一感
  • 片付いている

インテリアを配置する前に、自宅のお部屋で実践してみましょう。

1.清潔感

1.清潔感

モテ部屋を作るうえで絶対に忘れてはいけないのが清潔感です。

自宅は自分がリラックスする空間だからといって生活の様子が出てしまうと、清潔感が失われてしまいます。

中身の見えない収納を使う、ゴミは見えないように工夫するなど生活感を消しておきましょう。

2.統一感

2.統一感

おしゃれなインテリアを置いているのに、何か違和感がある。

そんなときは統一感に注目してみましょう。

インテリアのテイストがばらばらだったり、部屋から浮いてしまっていてはおしゃれさが半減してしまいます。

簡単にモテ部屋を作るなら、インテリアの色味は壁紙や床、ドアなどの面積が大きい部分の色味に合わせて選びましょう。

3.片付いている

3.片付いている

モテ部屋は散らかっているのはNGです。

置きっぱなしのものが無い、どこに何が片付けてあるかすぐわかる、という状態にしておきましょう。

特にテーブルの上は物が散らかりやすいので常に片付けることを意識すると◎です。

片付けが苦手な人は?

仕事で疲れて片付けが億劫になってしまったり、片付けるのが苦手だという人は、収納家具をより簡単に使えるものに変えてみましょう。

扉を開ける、引き出しを開けるなどの動作が必要な収納家具は、片付けのハードルを上げてしまう可能性があります。

また、使うものはその場で片付けられるようにしておくのもおすすめです。

ものを使うために取りに行って、使ったらまた片付けに行ってという手間は、片付けが面倒になる原因です。

できるだけ簡単に、労力を使わずにキレイに保つことができる環境を作りましょう。

男性が真似してみたくなる!モテ部屋に置くインテリアの事例

モテ部屋の条件を押さえたら、次はお部屋に置くインテリア選びです。

今回は思わず真似したくなるモテ部屋におすすめのオーダー家具の事例をご紹介します。

ご自身のお部屋のアイデアに加えてみてくださいね。

ホームシアターにもできる自分だけのデスク一体型収納インテリア

ホームシアターにもできる自分だけのデスク一体型収納インテリア

こちらは、お部屋全体を収納インテリアでコーディネートした事例です。

ワークスペースにもなるデスクや、本や書類を収納できるガラスケースを設置して、使いやすさも追求しました。

インテリア全体を暗い色味の木材で統一することで、シックでおしゃれな空間に仕上がっています。

テレビはホームシアターにもできるので、人を呼んで映画鑑賞会などもできそうです。

詳しく見る

大型テレビを活かしたおしゃれなオーダー家具

大型テレビを活かしたおしゃれなオーダー家具

大型のテレビがある場合は、テレビをメインのインテリアにしてモテ部屋を作ってみることも検討してみてください。

圧迫感のある85インチのテレビも、壁掛けにすることでお部屋がスッキリ見えます。

テレビの周りを囲むような壁面収納も定番ですが、こちらの事例のように下部とサイドにのみ収納スペースを設けることで、窮屈にならずおしゃれに演出できます。

少し収納スペースがあるだけでも、DVDデッキなどの周辺機器も散らからず、モテ部屋の条件もクリアできます。

詳しく見る

お気に入りの家具でモテ部屋を作りましょう!

今回はモテ部屋の条件と、インテリアの事例をご紹介しました。

気になるインテリアはありましたか?

お部屋の広さにぴったりの家具が欲しい場合や、材質や色味までこだわりたいという人はオーダー家具にも挑戦してみるのも良いかもしれません。

理想のモテ部屋を作ってみてください。

この記事が気に入ったらSNSでシェアしよう!

関連記事

SHOWROOM

「新しいアイデア」が生まれる
フルオーダー家具のショールームへ

お客様の収納についての悩みやご相談をコーディネーターにお伝えください。