おしゃれナチュラルな部屋の作り方。インテリアコーディネートのポイントって?

インテリア
おしゃれナチュラルな部屋の作り方。インテリアコーディネートのポイントって?

ナチュラルな雰囲気のお部屋は、時代の流行を問わず幅広い年代から人気です。

家族で過ごすお家、一人暮らしのお家、小さなお子様のいるお家など、どんな暮らしにも優しく寄り添うようなナチュラルなインテリアコーディネートをしましょう。

今回はおしゃれでナチュラルなお部屋を作るインテリアコーディネートのコツと、事例をご紹介します。

温もりのあるお部屋作り。ナチュラルなインテリアコーディネートを作る3つのポイント

ナチュラルでおしゃれなお部屋をつくるにはいくつかのコツがあります。

ポイントさえおさえれば、誰でも簡単におしゃれなインテリアコーディネートを実現できますよ。

おしゃれナチュラルなお部屋ってどんなの?

おしゃれナチュラルなお部屋ってどんなの?

ナチュラルなお部屋と言えば、

  • 明るい
  • かわいい
  • 温かい
  • 優しい

などの印象のあるお部屋ですよね。

ナチュラルな雰囲気にしたいなら、部屋がごちゃごちゃとしているのはNGです。

インテリアコーディネートの前に必ず整理整頓をして、片付いた状態をキープできる部屋にしておきましょう。

1.木の質感を取り入れる

1.木の質感を取り入れる

ナチュラルなインテリアコーディネートに欠かせないのが木材です。

木の素材はナチュラルで優しい雰囲気と、温かみを演出してくれます。

テーブルや収納棚など木材で作られた家具を置いたり、床が木の質感の場合はそれを活かしたコーディネートをしましょう。

木の素材は色や柄など様々ですが、ひと目で木材の質感が伝わるものを取り入れると、よりナチュラルなインテリアコーディネートに近づきますよ。

2.白を使っておしゃれに演出

2.白を使っておしゃれに演出

ナチュラルなインテリアを自然に演出する方法が”白”を取り入れることです。

ポイントは、あえて真っ白にするのではなくどこか一部に白を使うこと。

白い家具を取り入れたり、カーテンやクロスを白にしたり、一部を白にしましょう。

インテリアに白を取り入れることで、部屋全体を明るく爽やかな雰囲気にすることができますよ。

3.植物で彩りを

3.植物で彩りを

ナチュラルなインテリアコーディネートを目指すなら、植物を置いてみるのも◎。

大きなものが難しい場合は、テーブルや飾り棚に置くことができるお手軽なミニサイズの観葉植物もおすすめです。

一つ緑があるだけで、優しい雰囲気がぐっと増しておしゃれなお部屋に仕上がります。

ナチュラルでおしゃれなインテリアコーディネート事例集

では実際におしゃれなお部屋を実現した事例をご紹介します。

シンプルなコーディネートで実現する爽やかナチュラルなコーディネート

 

この投稿をInstagramで見る

 

収納ラボ(@shunolabo)がシェアした投稿

ホワイト系の家具でシンプルにまとめたインテリアコーディネートです。

ところどころに薄色の木材を使うことでナチュラルさを引き立てています。

家具で使う木の色味は床や壁と合わせてあげると、お部屋全体に統一感が出ますよ。

ナチュラルモダンなおしゃれ上級者のコーディネート

 

この投稿をInstagramで見る

 

収納ラボ(@shunolabo)がシェアした投稿

様々な色味の木材を組み合わせてモダンな雰囲気を演出したインテリアコーディネートです。

ダークな色合いの木の素材にホワイトを取り入れることで、明るさをプラスしています。

照明を白っぽい明かりではなく、オレンジに近い色味にすることで、温かい空間に仕上がっていますね。

観葉植物でナチュラルに彩るインテリアコーディネート

 

この投稿をInstagramで見る

 

収納ラボ(@shunolabo)がシェアした投稿

広いお部屋をナチュラルにコーディネートした事例です。

お部屋の中に観葉植物を置くことで、ナチュラルでおしゃれな空間に仕上げています。

床の木の質感と壁紙の白を活かしつつ、優しい色合いのインテリアをプラスすることで、ホテルの一室のような上質な雰囲気になっています。

ポイントを押さえておしゃれなインテリアコーディネートを

今回はナチュラルなインテリアコーディネートのコツをご紹介しました。

元のお部屋を活かしながらインテリアを考えることで、誰でも簡単に実現できますよ。

事例も参考におしゃれな部屋を作ってください。

この記事が気に入ったらSNSでシェアしよう!

関連記事

SHOWROOM

「新しいアイデア」が生まれる
フルオーダー家具のショールームへ

お客様の収納についての悩みやご相談をコーディネーターにお伝えください。